デイサービスとは、持っている能力に応じ自立した日常生活を自宅で営むことができるよう日帰りで「介護」や「機能訓練」などを受けるサービスです。「健康チェックや入浴、排泄の介助」「昼食の提供」「アクティビティ」といった日常生活上の支援が受けられます。

ご利用者の「心身機能の維持」や「向上」だけでなく、利用者様の社会的孤立感の解消や、高齢者を支えるご家族の負担を軽減することを目的とした利用も可能です。ご家族がリフレッシュできる機会を作り、高齢者が長く在宅生活を送れるための環境を整えることも、デイサービスの大きな役割となっています。

デイサービス対象者は?

在宅で生活をしていて要介護認定を受けており、要介護1~5(要介護度)までの人が対象となります。

要介護度とは、日常生活の中でどの程度の介護や介助を必要とするかを示す物差しです。要介護度は介護保険の要介護認定を申請することでランク付けされます。

大きく分けて「要支援」と「要介護」の2種類があり、さらに要介護度は細かく分けることができます。「自立(非該当)」「要支援1~2」「要介護1~5」の合計8段階に分類され、要支援や要介護の認定を受けると介護保険が適用されます。

要支援1~2であれば介護予防サービス、要介護1~5であれば介護サービスが利用できます。なお、要介護認定を申請したものの、申請者が健康な状態とみなされれば、どの要介護区分にも属さない「非該当」と認定されます。この場合、介護保険サービスは利用できません。

区分要介護認定の目安心身の状態の目安
自立支援、見守りが必要ない。日常生活を1人で送れる。
要支援1基本的に1人で生活できるが一部介助が必要。サポートがあれば要介護状態を防ぐことができる。掃除や入浴、身の回りのことで少々見守りや手助けが必要。
要支援2基本的に一人で生活ができるが一部介助が必要。(要支援1より支援の必要範囲が広い)サポートがあれば要介護状態を防ぐことができる。立ち上がり、歩行などでふらつく、入浴時に背中が洗えない、身だしなみを整えられないなど、支援を必要とする場面が多い。
要介護1基本的に日常生活は自分で送れるものの、要支援2よりも身体能力や思考力の低下がみられ、日常的に介助が必要。排泄、入浴の時に見守りや介助が必要。
要介護2食事、排泄などは自分でできるものの生活全般で見守りや介助が必要。自分だけで立ったり、歩いたりするのが困難。爪切り、着替え、立ち上がり、歩行などに介助が必要。「薬を飲むのを忘れる」「食事をしたことを忘れる」などの認知症初期症状がみられるなど。問題行動をとる場合もある。
要介護3日常生活にほぼ全面的な介助が必要。食事、着替え、排せつ、歯みがきなど、日常生活において基本的に介助を必要。認知機能の低下などの場合には対応も必要。問題行動をとる場合もある。
要介護4自力での移動ができないなど、介助がなければ日常生活を送ることができない。排せつ、食事、入浴、着替えなどすべてにおいて介助がないと行えない。思考力の低下などもみられ、認知症の諸症状への対応も必要になることもある。
要介護5介助なしに日常生活を送ることができない。コミュニケーションをとるこが困難で、基本的に寝たきりの状態。日常生活全般が自分で行えないため、寝返りやオムツの交換、食事などすべてで介助が必要。会話などの意思疎通も困難。